インストラクター紹介

荒武 治実

荒武 治実

株式会社D.O.C代表取締役。

 6歳よりクラシックバレエを習い始め、アメリカ高校留学、長崎外語大卒業。のちにNYでダンスを学び、93年よりシーガイアオーシャンドームの専属ショーダンサーとなる。プロダンサーで構成される「ゼロズカンパニー」公演にも出演。結婚出産を機に2001年「スタジオD.O.C(旧屋号)」を設立。ダンス指導の傍ら豊富なダンスジャンルとプロ経験を生かし、ショープロデューサー兼振付師として、映画・舞台・各種イベントやパーティ、YOSAKOIチーム演舞に至るまで多方面で活躍。他、ダンスを通じた青少年育成にも力を入れ教育関連事業でも指導にあたる。県主催の「古事記編纂1300年」の舞台「ひむか創生成」の創作ダンス制作及びパフォーマンスを担うことになり、県内各地での上演出演が決定した。
宮崎県社交ダンス教師協会インストラクター、延岡ロータリークラブ会員。

大山 佐奈恵

大山 佐奈恵

チーフインストラクター

 幼少の頃から習い始めたフィギュアスケート・器械体操をきっかけにダンスを始め、17歳からテーマパークダンサーとしてデビューする。NYへダンス留学後はオーシャンドームのショーキャストをして活躍。その後、D.O.Cのチーフインストラクターを務めながら振付師としても活躍。2007年まで「乱翔舞DOC」の中心的指導者として常勝チームに成長させたのち、拠点を東京に移しスタジオD.O.C東京支部を立ち上げたが、東日本大震災をきっかけに帰宮。2011年夏より、再び宮崎支部を代表するチーフインストラクターとして尽力している。小柄ながら存在感のあるパフォーマンスと迫力のある指導でリーダーシップを発揮している。

佐藤 匠悟

佐藤 匠悟

ストリートダンス・ブレイク インストラクター

 高校卒業後、ストリートダンスに出会い、気の合う仲間たちとダンスチームを結成。延岡を中心に県内外のダンスイベントやコンテストに出場する中でスキルやテクニックを磨きインストラクターとなる。
他ダンススクールでも指導者として活躍する他、自身もダンスチーム「INKREDIBLE」で精力的に活動中。D.O.Cでは2010年より延岡ストリートダンスクラスのインストラクターを担当。アクロバティックな技を見せる「ブレイク」を得意とし、その専門的なテクニックには定評がある。優しいキャラクターは誰からも慕われるお兄さん的存在。

原田 邦生

原田 邦生

ストリートダンス・チーム乱翔舞アシスタント インストラクター

 YOSAKOIチーム「乱翔舞DOC」の1期生。メンバーとして活躍しながらそのスキルを磨き、現在ではトップパフォーマーとしてチームを引っ張るまでに成長。並行してストリートダンスも学び、インストラクターアシスタントに昇格し指導にあたっている。コツコツと努力する謙虚な姿勢が評価され、これからの若手指導者として期待されている。2012年のD.O.C10周年記念公演では初の振付に挑戦した。

非常勤インストラクター

佐藤 親教

佐藤 親教

ジャズインストラクター

 延岡市出身。ダンスを学ぶため単身渡米し、全米ネットTV番組「スターサーチ」ではグランプリを獲得。7年をNYで過ごし、帰国後は東京BDC(東京ブロードウェイセンターの東京校)に所属し、JAzz講師として指導する傍ら、人気アーティストのバックダンサーとしても多数出演。振付も多方面に渡り、「K-Broadway」の国内外公演や宝塚歌劇団月組に加え、様々なカンパニーからの依頼に国内を飛び回っている。2013年4月よりD.O.Cでは主に、延岡本部のJazz上級者クラスを担当。東京レベルで最新Jazzスタイルを指導して頂いている。